読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブやんの気ままなPHOTOライフ

山や川などの大自然、野鳥や昆虫などの動物、花などを撮るのが大好き。そんな被写体を気ままに撮っています。

2016年に思いを寄せて。

楽しかったこと、悲しかったこと、苦しかったこと、様々な思いをのせ暮れゆく2016年

2016年が去り、1週間以上が過ぎてしまいましたが、2017年へ向けて前向きな日々を送るため、昨年の様々な出来事を思い浮かべ、気持ちを整理・反省し、未来へ向けてポシティブナな心にスイッチを切り替えて、2017年悔いのない日々を送りたいと思う。

昨年4月には長女が男の子を出産し嬉しい出来事が。
でも、四国の香川ということで遠くなかなか会いに行くことができず。

娘が時々送ってくる写メールでその姿を見るだけ。
7月になってやっと孫の顔を見て、この手で抱っこをできた。(^▽^)/

また、10月には長男に離婚騒動が発生、暮れになって正式に離婚する。
2人の子供(孫)は長男が親権を獲得し手放すに済んだ。

そして暮れには、香川の長女も家族で帰省し、長男も子供を連れて帰ってきて、姉弟妹4人と孫5人が揃い、狭い我が家ながら、楽しく、賑やかな正月を迎えることができました。(^▽^)/

マラソン面では、怪我などによる体調不良で、エントリーしていた大会を次々とDNS(棄権)し、満足のいく1年ではなかった。

毎年11月23日の勤労感謝の日に開催される大田原マラソン(フル)は、毎回走っているので、今回も絶対に走りたいと思い、通いつけの整形外科でリハビリ治療していたのですが、大田原マラソンで走りたいことを話したら、カルテを見た担当の理学療法士が「保険使ってやっているのでまずいから、リリハビリはやめてください」と告げられ、リハビリに通うのをやめました。

月に1度ドクターの診察があり、約1ヶ月後に診察を受けに行くと、担当のドクターが「ズーとリハビリ来てないけどどうしたの」と聞かれ、悔しくて、前回の診察のあと理学療法士さんから言われたことをすべて話、診察を受けるだけでは意味がないので「今日で、通院はやめます。」と、悔しくて悔しくて涙を流しながら告げました。

ドクターは、スポーツドクターの資格も持っていて、治療当初から私の考えに理解を示してくれていて、走れるように一生懸命に治療をしてくれていたのですが、肝心の理学療法士さんがスポーツに対する理解がなく悔しい思いをしました。(´;ω;`)ウゥゥ

ドクターは本人によく話しておくからと言って、まだ怪我が完治していないのに、私が通院をやめることを許し、理解してくれました。

この病院は個人病院で院長以下3人のドクターがいて、3人ともスポーツドクターの資格を持っています。

スポーツに対する理解があり、骨折などにより運動のできない、安静を必要とする人を除き、すべての患者に軽い運動によるリハビリ治療を施しています。

薬による治療は本当に薬を必要とする人だけに出し、薬の必要のない人には、必ず「薬を出すかい。」と本人に確認するので、大変に気に入っていて怪我をするたびに通っていたのですが。

www.bc9.ne.jp

前回、数年前に怪我して通った時も、ドクター(今回とは違う)は「無理をしちゃだめだよ」と言いながらも理解をしてくれた。

担当の理学療法士さんも、自らがマラソンや登山をするので話が合い、リハビリに通うたびに「次は、どこの大会を走るの」とか聞いてきて、そのたびに治療方法を考え、走れるように治療をしてくれました。

大会が終われば「どうだった」と結果を聞いてくれました。

患者のことを考えてくれる素敵な理学療法士さんです。

今回も、その理学療法士さんを指名しようと思ったのですが、この病院なら大丈夫と思ってたのですが。

実は、今回の理学療法士は、前回のリハビリの時に、担当の理学療法士さんが休みの時に行ってしまい、臨時に治療してもらったのですが、その時にあまり良い印象はなかった、その人にあたってしまった。

ドクターにも前回の理学療法士さんのことを話、最初はその人に治療してもらおうと思っていたことも話すと、「その人に変えるか、他の人たちもやっているから」と担当の理学療法士の変更を申し出てくれましたが、気が弱い私は「治療に通いずらくなるので。」と、ドクターの申し出を断りました。

結局、身体の状態が回復せず、大田原マラソンもDNSです。

悔しくて、このことがいまでも忘れることができず、恨み辛みを長々と書くようなことになってしまいました。

読者の皆様申し訳ございません。

ごめんなさい。

最後に誤解を招かないためにも一言つけくわておきます。

この病院は、市内外からもたくさんの人が治療に訪れる、大変に人気のある病院です。
私も同僚にこの病院を紹介し、自宅からちょっと遠くになるにも関わらず、通院治療し「ありがとうと。」感謝されています。

この理学療法士さんも、私とそりが合わなかっただけで、たくさんの人を担当治療していますので。

素晴らしい病院ですので誤解のないようにお願いします。

ということで、過去のことは忘れ、今週のお題の「2017にやりたいこと」で書いた、100キロウォーキング、100キロウルトラマラソンの目標達成に向けて2017年を頑張ろうと思います。

まだ、体調は万全ではないですが。

2017年、ポシティブに前を向いて突き進むぞ~。

そして今年は長女に、また赤ちゃんが誕生する。

待ち遠しい。(^▽^)/ 

 

f:id:sabuyan1953:20170109164704j:plain
2016年もあと数分で暮れゆく。

f:id:sabuyan1953:20170109164724j:plain
山並みの向こうに完全に沈んでしまった。2016年さよなら~。

f:id:sabuyan1953:20170109164758j:plain

f:id:sabuyan1953:20170109164814j:plain
太陽が沈んだ夜空にクッキリと浮かぶ上がった、2016年最後の月と金星

f:id:sabuyan1953:20170109164841j:plain
2016年最後の街の灯り。

<訂正>

姉弟妹と書きましたが、これだと私自身の姉、弟、妹とカン違いしてしまうような表現なので、私の子供(女・男・女・女)4人と訂正します。

それと、あいまいな表現の文書や読みずらいところがありましたので、文書の加筆や改行などの訂正をしました。

申し訳ありませんでした。