サブやんの気ままなPHOTOライフ

山や川などの大自然、野鳥や昆虫などの動物、花などを撮るのが大好き。そんな被写体を気ままに撮っています。

医療崩壊という現実が迫る!!

f:id:sabuyan1953:20210116221547j:plain

新型コロナウイルスが留まることを知らず増大するなか、ついに他人事と言ってはいられない現実が、わが身や家族に迫ってきました。

私が勤めている職場は精神科の病院です。

そこでついに恐れていた事態が発生してしまいました。

今月15日に早番勤務(7時~16時)で出勤すると、事務長などがすでに出勤していました。深刻そうな顔をしている事務長に「どうしたのかな」、「何かあったのかな」と思い、病棟で同僚に話をすると「昨日(14日)、コロナの感染者が出た」と。

私は休みだったので知らなかった。

入院患者3名の新型コロナウイルス感染が確認されたとのこと。

そして、15日に保健所が病院に入って感染状況の検査がなされました。

4病棟あるうちの一つ3西病棟で発生し、感染者が発生した3階の病棟の入院患者、職員は休みの人も全員呼び出されて検査を受けました。

4階病棟は今回の検査対象外だったようで、私も含め検査を受けていません。

検査の結果、入院患者6名の感染が確認され、幸いに職員は感染していませんでした。

この日は、新型コロナウイルスで病院全体がいつも以上に慌ただしく動き、医療廃棄物の保管・管理を任されていた私(看護補助)も忙し1日となりました。

感染防止対策委員会の看護師から、医療廃棄物の保管容器(段ボール箱)を40個程至急調達して欲しいと言われ、医療廃棄物の回収業者に連絡・調整し忙しい1日となった。

業者が医療廃棄物の回収に来るのは、毎週月曜と木曜の2回のみで次の月曜日までまだ3日もあり、現在保管している数では間に合わない状況。

普段であれば医療廃棄物は、1週間に段ボール箱(90Ⅼ)2つが出る程度ですが、年末からの新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大の状況を見て、感染防止委員会の依頼により、もしもの場合に備えて業者に20箱を11日に持ってきてもらっていたのですが(使わないで済むことを願っていたのですが)、15日の午前中ですでに6箱がコロナに汚染された医療廃棄物で一杯になってしまいました。

午後2時ころになり回収業者の社長さんから電話があり事情を聞かれ、コロナ感染者が発生し医療廃棄物保管の箱が足らない、至急持ってきてもらえないか尋ねると、「わかりました、いまから私が持っていきます」と言って、段ボール箱40個と90ℓのビニール袋、梱包用クラフトテープを持ってきてくれました。

夕方になり師長から集合がかかり、新型コロナウイルスのの発生に伴い、今後の病院の動きの説明があり、新型コロナウイルスの感染者が出た病棟の職員(約30名)は全員が出勤停止(感染者はいないが)となり、感染者を含め約50名いる入院患者の看護ができない、病院としての機能が停止してしまう状況に陥ってしまいました。

そこで病院がとった対策は、まだ感染者が出ていない残りの3つの各病棟から5名(看護師4名、補助者1名)を急遽引き抜き、専属でこの病棟の看護業務にあたらせました。

当然引き抜かれた病棟は、引き抜かれた人の穴を埋める業務量が増大し、休みも返上、勤務スケジュールも大幅に見直しという状況に。

もっと大変なのは引き抜かれた人たち。

自分たちも感染というリスクを背負いながら、感染を拡大させないより大変で重大な業務にあたらなければならない。

昨日業務の中で顔を合わせたが、いつもなら笑顔を見せてくれる人なのだが笑顔も出ない疲れ切っている様子で、淡々と業務について話をして戻って行きました。

感染者6名は、病院内に隔離治療できる空き病室はないので、隣にある病院の体育館に移し隔離治療しています。

17日(日曜)時点で患者や職員に新たな感染者は出ていませんが、他の病棟などからも新たな感染者が続出した場合 はどうなってしまうのだろうか。

病院として機能しなくなってしまう恐れがある。

まさに医療崩壊という現実が目の前に迫っています。

認知症など心の病を負った人たちが多く入院している精神科の病院、長期入院の人が多く患者同士家族や友達同然の生活をしている、日中はデイルームに集まりテレビを見たり談笑をしている。

こんな中で感染者が出ればアッという間に病棟全体に広がってしまう 。

長期入院で、高齢者の私よりもさらに高齢で糖尿病などの病気を患っている方もたくさんいます。

そんなかで感染が拡大したら大変なことになります。

感染が拡大せずに終息することを願うのみです。

この病院は精神科で患者全員が隔離された閉鎖病棟です。

職員以外、部外者が無断で立ち入りすることはできません。

新型コロナウイルス禍で面会も禁止され、患者の家族も立入ることはできず、タブレットを使用して面会をしており、入院患者が感染することは”0”に近くあり得ないことです。職員が持ち込まない限り。

では、なぜ入院患者が新型コロナウイルスに感染したのか。

患者の中には心の病だけでなく、糖尿病などの他の疾患、骨折などのケガを患っている人もいます。

この人たちは外診といって他の専門病院に診療や治療に行くことがあります。

この過程で感染したことが考えられます。

今は、外来診療は制限され、常勤以外のドクターは病院に来ることはできず、当直医もおらず、夜間や休日は病院の隣に住んでいる院長先生と家族(院長先生の娘夫婦もドクター)だけで対処しているようです。

昨日のニュースでも報道されていましたが、他の病院でも大規模なクラスターが発生し、まさに病院として機能していないような状況が発生しています。

テレビのニュースでも病床の使用率でしか報道しておらず、まだ病床は空いているような報道の仕方をしていますが、実際には病床よりもマンパワー、治療にあたるドクターや看護師が足らず大変な負担がかかっているということです。

もうすでに医療崩壊が始まっているということを、もっと強く報道し新型コロナウイルスの怖さを伝えることが大事と私は思うのですが。

「医療従事者への感謝」という言葉をよく目にし耳にしますが、言葉だけでなくもっと自らの行動で示すべきではないかと感じます。

新型コロナウイルス慣れ(私も含め)してしまったのか、緊急事態が発令されたにも関わらず、自分のことしか考えず安易な行動している人たち、自分の命を大切な家族の命を守るんだということを真剣に考えて行動をしてほしいと、医療従事者の一人として強く感じる次第です。

私が勤務する病院で新型コロナウイルスの感染者が出たことで、医療崩壊という現実が身近に迫ってきているという事実(いやすでに始まっています)を皆様にお伝えしたく投稿しました。

長々と最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

<追記> 2021年1月19日 21:40

ついにさらに恐れていた事態が発生してしまいました。

これ以上の感染者が増えないように願っていたのですが、1月17日に行われたPCR検査でさらに5名の感染者が判明し11名に、1月18日に行われた検査でさらに3名の感染者が判明し19日現在で14名の入院患者さんの感染が確認されました。

職員の感染は確認されていません”0”です。

当病院の外来診療もストップしてしまいました(電話診療のみ)。

まさに医療崩壊といってもいいでしょう

感染防止対策はとっていたのですが防ぐことができませんでした。

患者様が外診の過程で感染したものと思われます。

このような状況で、病院の中のいたるところにさらに消毒用アルコール、除菌ティッシュが置かれ、さらに感染防止対策が講じられました。

少ない人員の中で、通常の看護業務と更に病棟内の徹底的消毒作業で忙しい1日となり、夕方にはヘトヘトです。

感染者が出た病棟に引き抜かれた人たち(感染者が出た病棟職員約30名は出勤停止となっている)は、食事をする間もないようです。

どうか皆様、コロナ慣れし安易な気持ちで行動せず、これ以上コロナを拡大させないんだと強い気持ちを持って慎重な行動をお願いします。

いつ自分たちも感染するか分からない、その恐怖に怯えながら私たちは、一生懸命に看護の仕事にあったっています。

これ以上の感染者が出ないことを祈るのみです。

<追記> 2021年1月22日 22:00

本日実施したPCR検査で、新たに入院患者12名の新型コロナウイルス感染が確認されたと病院が発表しました。

これで累計感染者は26名となってしまいました。

職員に感染者は出ていません。

感染拡大が止まりません。

私が所属する病棟でも高熱を発する入院患者が数名出て昨日検査をしました。

幸い検査結果は”ー(マイナス)”でしたが、隣の病棟(4階西)に状態の悪化した入院患者が出って、朝から慌ただしく動いています。

疑いがあるということで、その方の病室は”イエローゾーン”に指定され、隣の病棟の私たちはできる限りそちらに行かないよう指示が出されました。

しかし、その病室の前の保管庫には要介助者の私服、入浴用のタオルや洗顔用のタオルなどが保管されているため、午後になりそれらを病棟の方へ移動と今日も忙しい1日でした。

早く感染拡大が止まり、平穏な毎日が戻ってくることを願っています。

 

 

硫黄の臭いと湯煙が立ち上る奥日光湯ノ平湿原

栃木県にも昨日(1月13日)「緊急事態宣言」が発令されてしまいました。

年末までは、栃木県の新型コロナウイルスの新規感染者数も20数人程度と落ちついていましたが、年末の29日に一気に約4倍の83人の感染者が確認され、それ以降高齢者介護施設などでクラスタ(今日現在26例)が発生、増加ペースが加速され100人を超えるようになりました。

人口10万人当たりの直近1週間の感染者数は44.31人(12日現在)となり、東京、千葉、神奈川に次ぐ4番目の多さとなり、県医師会によるとすでに医療崩壊が始まっているとのことです。

そんな状況で、今日は仕事が休みで奥日光に雪の写真を撮りに行こうと思っていたのですが、家で自粛をすることにしました。

と言っても、奥日光は3蜜には全く関係ない大自然の中なのですが、このような状況の中で気分も全く乗らないので家でおとなしくすることに。

前置きが長くなりましたが、年末で忙しかったこともあり、写真撮影にも出かけていないのでネタがありませんので、昨年11月に訪れた奥日光湯元温泉「湯ノ平湿原」の写真を投稿します。

「湯ノ平湿原」は、湯元温泉の源泉となっています。

温泉源の由来は

湯元温泉の発見については資料が乏しく定かではないが、一説によると日光開山の祖と仰がれる勝道上人が延歴7年(788年)にこの温泉を発見、背後の山を温泉ヶ岳と名付けその頂上に薬師瑠璃光如来を祀り、そこに湧出する温泉を薬師湯(瑠璃湯)と名付けたといわれている(日光市)。

湯元温泉の泉質・泉温は(奥日光湯元温泉旅館協同組合)

 泉 質:単純硫黄泉(硫化水素型)

 泉 温:49.3~78.9℃

 湧出量:毎分1788.5リットル

 源泉数:20

f:id:sabuyan1953:20210114172758j:plain国道120号線から見た湯元温泉と湯ノ平湿原(昨年9月に撮影)
この時は、こんなところに「湿地があるんだな~」くらいにしか思っていませんでした。


実は私がこの場所を訪れたのは初めてです。
日光湯元温泉には写真撮影などで何度も訪れているのですが、ここまで足を運んだことはないので、この湿原の存在自体も知りませんでした。

なぜ今回訪れたのかというと、友人が「日光湯元ビジターセンター」でPHOTO短歌展を開催していて、この日が最終日で撤収作業を手伝いに来たからです。

そして以前から気になっていた「温泉寺」の場所を確認するためにきました。
温泉寺は、温泉に入ることができ写経の体験もできるお寺で、写経を体験し温泉に入ってみたいと以前から思っていたからです。

そして温泉寺を訪れると、その横(温泉旅館街の裏)にこの湿原があるのを知りました。

f:id:sabuyan1953:20210114173823j:plain
今回私は、この「日光山温泉寺」から「湯ノ平湿原」に入りました。

f:id:sabuyan1953:20210114180512j:plain

温泉寺の前にあるこの入口から「湯ノ平湿原」に入ります(温泉旅館街の方からも入れます)。

f:id:sabuyan1953:20210114180535j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114181415j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114181433j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114173714j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114182336j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114182356j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114182409j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114182437j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114182455j:plain
日光湯元温泉の源泉
1枚面の写真(9月)は、この上の道路国道120号線から撮影しました。
緑に遮られ源泉群は写っていませんが。

f:id:sabuyan1953:20210114182520j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114182552j:plain
後方の雪に覆われた山が温泉ヶ岳

f:id:sabuyan1953:20210114182611j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184204j:plain
切込湖・刈込湖への登山口

f:id:sabuyan1953:20210114184240j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184256j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184326j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184418j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184447j:plain
f:id:sabuyan1953:20210114184354j:plain
湯煙が立ち上る後方には「温泉寺」と「温泉ヶ岳」が。

f:id:sabuyan1953:20210114184608j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184631j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184648j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184710j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184735j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114184806j:plain
危険なのでこのような掲示板がたてられています。

f:id:sabuyan1953:20210114184830j:plain

旅館街の裏から広角24㎜で湿原を撮影したのですが、私が持っているレンズではこれが精一杯、もっと湿原全体を撮影したかったのですが。

12㎜とか超広角のレンズが欲しいと思た一瞬でした。

後方の道路は、群馬県片品村と日光を結ぶ国道120号線(金精峠へ)です。
現在この道路は冬季閉鎖(12月25日~4月24日頃)となっています。

 

f:id:sabuyan1953:20210114191634j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114191708j:plain
11月12日ですが雪が積もり道路の一部は凍っています。
若いカップルが転びそうになりながら慎重に歩いていました。

f:id:sabuyan1953:20210114191745j:plain
足湯「あんよのゆ」

f:id:sabuyan1953:20210114191810j:plain
バスターミナル

f:id:sabuyan1953:20210114191855j:plain

f:id:sabuyan1953:20210114191907j:plain

バスターミナル前には野生の鹿が路上に落ちている木の実でしょうか食べていました。

f:id:sabuyan1953:20210114193256j:plain

温泉寺前の森の中にも。

日光湯元温泉旅館協同組合オフィシャルサイト | 温泉マップ (nikkoyumoto.com)

 

2021年今年もよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうございます。

2021年が明け早くも2日が過ぎようとしています。

この2日間、孫たちに囲まれ楽しくにぎやかな日を過ごしています。

新年にあたり目標や計画を立てることなく、ニューイヤー駅伝箱根駅伝、サッカーを見てのんびりと過ごしています。

初詣も今年は近くの神社に孫たちと行ってきました。

何処に出かけるでもなく家で家族だけの楽しく賑やかな正月です。

f:id:sabuyan1953:20210102171714j:plain

f:id:sabuyan1953:20210102171725j:plain

明日からはまた仕事が始まります。

今年も家族全員が健康で元気な1年を送れますように。

ブログも無理をしない程度に続けていきますのでよろしくお願いいたします。

 

2020年大晦日ありがとうございました。

2020年も今日で最後の日となりました。

2020年は、新型コロナウイルスにより大変な年となりました。
そのコロナウィルスは終息に向かうこともなく、第3波が猛威を振るい終息するどころか全国で拡大し増大する一方です。

そんななか、比較的感染者が少なかったわが町でも、29日にクラスターが発生してしまいまいした。

市内の病院で患者と職員合わせて39人が新型コロナウイルスに感染してしまいました。

そんな状況なので新年の初詣は取りやめ。
実家への帰省も取りやめです。

近くに住む孫たちがきて家族だけの新年を迎えます。

家族だけといっても孫7人ともなると狭い我が家は大賑わいです。

2020年も残すところ7時間余りとなりました。

読者のみなさま、1年間私のブログを読んでいただきありがとうございました。

2021年もよろしくお願いいたします。

f:id:sabuyan1953:20201231160247j:plain

f:id:sabuyan1953:20201231160307j:plain

2021年は新型コロナウイルスが終息し、普通の生活が戻ることを記念して、2020年のブログの締めくくりとします。

本当にありがとうございました。 

タムロンの超望遠レンズ「100-400㎜F/4.5-6.3 Di VC USD」でアオサギを撮ってみた

タムロンの超望遠レンズ「100-400㎜ Di VC USD」NIKON用を使ってみました。

このレンズは、今年の8月17日にヨドバシドットコムで購入しましたが、梱包をほどき寝室兼書斎でカメラに装着し操作をしただけでフィールドで活躍することなく、ズーと保管庫で眠っていました。

その理由は、思った以上の本体の大きさと重さ。

これをカメラ(ニコンD780)に装着すると、さらに重く図体がデカくなり、持ち運びに不便さを感じたから。

持ち運ぶにもレンズを入れる袋がない。

標準レンズとマクロレンズには専用の袋がついていたのですが、このレンズにはついていなかった。

何よりも、現在持っているカメラバッグ(オリンパスのミラーレス一眼レフ用に使っていた)にもデカすぎて入らない。

持ち運ぶにもレンズを保護できるようなレンズケースやカメラバッグがない。

そのような理由で保管庫で眠ったままの状態でした。

そしてこの日、テーマを決めて持ち出しました。

そのテーマのメインは野鳥の撮影です。

カメラバッグもレンズケースもないのでカメラに装着したまま保護するものもなく裸の状態で持ち出しました。

この日は、1ヶ月ごとの定期診察の日で病院に向かい、途中橋の上でスマホで日光連山の写真(雲がかかって見えない)を撮っていると、私の後方から1羽のアオサギが飛んできて、私の前方50~60mくらいの川の中に舞い下りました。

まさに「私を撮ってください」とばかりに、被写体の方から私の前に姿を現してくれました。

これは絶好のチャンス!!

思いもよらずこのレンズが活躍するチャンスがやってきました。

すぐさまスマホをレンズを装着したままのカメラD780に持ち替え撮影しました。

 

f:id:sabuyan1953:20201220194234j:plain

f:id:sabuyan1953:20201220194307j:plain

上の2枚の写真はスマホソニーXperia5)で橋の上から撮った川の写真です。
1枚目の写真は、トリプルカメラのワイドモード(焦点距離4.3㎜)で撮ったもの。
2枚目は、望遠の2倍モード(焦点距離6㎜)で撮ったものです。

川の真中あたりにアオサギがいるのですが、写真ではほとんどわかりません。
肉眼ではもう少しはっきりと見えますが。

下の写真が、ニコンD780に装着したタムロン超望遠レンズ「100-400㎜F/4.5-6.3Di VC USD」の400㎜で撮影したものです。 

f:id:sabuyan1953:20201220194355j:plain

f:id:sabuyan1953:20201220194413j:plain

f:id:sabuyan1953:20201220194429j:plain
ピントがいまいち甘いかな~!?
という感じですが初めて使った400㎜の凄さに感動です。
さらに上の600㎜、800㎜といったレンズが欲しくなってきました。
でも高額で私には手が出ません。

アオサギの10~20m先にはカワウ(⁉)でしょうか、黒色の3羽の水鳥がいました。

f:id:sabuyan1953:20201220230617j:plain

今回撮影に使用したタムロンの超望遠レンズ「100-400㎜ F/4.5-6.3 Di VC USD」です。
上がタムロンの標準レンズ「24-70㎜ F/2.8 Di VC USD G2」ですが、比べるとこんなに図体がデカく重いです。

  長さ:196.5㎜
  質量:1,115g

 ヨドバシドットコムでの価格は、93,510円でした。

ゴールドポイント 13510ポイントを使い80,000円で購入

専用三脚座が13,040円

15回の分割払いで購入しました。

 

山に自然を撮影に行くとよく野鳥撮影をしている人を見かけますが、この人たちが使用しているレンズを見るとすごいですね。

私はバズーカ砲と呼んでいます。
とにかくデカい!!
とても手持ち撮影をできるしろものではない。

私のこのレンズなどおもちゃに見えます。
価格も2倍、3倍はするようなレンズを。

あ~。
羨ましい~!!
欲しい~!!

私にそんな金銭的余裕はありません。

それはさておき。

まずはカメラバッグが欲しい。
カメラ本体と標準レンズ、望遠レンズや予備バッテリー、山歩きするための衣類などの装備が一括収納できるバグバックが。

お店に行っても私の満足できるようなバッグは見つからない。

私は自然の中に身を置くと、あれもこれも撮りたくなるので、広角から超望遠までのレンズを持ち歩きたくなる、それらを一括して収納できるバッグなどないのが現状、もっと撮影目的・テーマを絞って持ち歩くようにしたいのですが、自然のフィールドで撮影を始めると、あのレンズを持ってくればよかった、このレンズを持ってくればよかったと撮影に出かけるたびに後悔して、なかなか持ち歩くレンズを絞り込めない。

超広角から超望遠までを1本で行えるそんなレンズはないかと日々思っています。

 

今季最強寒波が奥日光に白銀の世界をもたらす!!

今季最強寒波が日本列島を覆い今日17日で3日目となる。

わが町は晴れているのものの日光方面を見渡すと、相変わらず真白な雲が低く垂れさがり、今日も日光連山が顔を覗かせることはなかった。

雪を冠り真白になった日光連山の姿を見たいのだが、今日も見ることはできず。

ならばこちらからその姿を見に行こう、雪に覆われた奥日光を撮ろと決意し、9時半にカメラを持って自宅を出発し日光方面へと車を走らせました。

当初、奥日光に行くか霧降高原に行くか迷いましたが、奥日光は「龍頭の滝」・「戦場ヶ原」の雪景色をとることに決めました。

土沢I/Cから日光宇都宮道路にのり清滝を目指します。

今市I/Cあたりまでくると、周囲の森に白いものが目立ち始めました。

清滝までくると路面にも雪があり凍結、いろは坂に入るとさらに路面が雪に覆われ凍結し、スタッドレスタイヤを装着した車体が何度か横滑りをしヒヤヒヤさせられました。

途中黒髭平、明智平の駐車場は除雪されていないため入ることができず、ここでの撮影は断念しさらに中禅寺湖へと車を進めました。

次に目指すは「竜頭の滝」

しかしここも除雪車がまだ入っていない様子で駐車場は雪で覆われていました。

戦場ヶ原・湯元温泉へと車を進めます。

f:id:sabuyan1953:20201217204752j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183319j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183333j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183351j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183413j:plain

第2いろは坂入口の「馬返」

f:id:sabuyan1953:20201217183432j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183450j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183511j:plain

馬返の駐車場からだいや川に下りてみました。

f:id:sabuyan1953:20201217183530j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183551j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183620j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183641j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183657j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183714j:plain

中宮祠では除雪が除雪作業を行っていました。

f:id:sabuyan1953:20201217183733j:plain

赤沼の駐車場は現在冬期閉鎖中です。

f:id:sabuyan1953:20201217183806j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217183838j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217185507j:plain

戦場ヶ原・小田代原へのハイキングコースの入口
戦場ヶ原方面へ行って写真を撮ろうと思ったのですが雪が深く(20㎝~30㎝)、ただのトレッキングシューズではビショビショになってしまうので断念します。
ここから先は、やはりスノーシューやスノーブーツなど雪山を歩く装備が必要不可欠ですね。

f:id:sabuyan1953:20201217185525j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217185542j:plain

三本松の駐車場はガラガラ状態です。
三本松茶屋はオープンしていたのですが、隣のお土産屋さんはシャッターが下ろされていました。
このバックに男体山を見れるのですが、深いガスに覆われ見ることができません。
f:id:sabuyan1953:20201217183948j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217184442j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217184020j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217184107j:plain

三本松前の戦場ヶ原の展望台です。

f:id:sabuyan1953:20201217184201j:plain

この木に小さな小鳥(名前は分からない)がたくさんいました。

f:id:sabuyan1953:20201217184305j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217184341j:plain
柵には約20㎝程積もっています。

f:id:sabuyan1953:20201217184517j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217184542j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217185749j:plain

日光と沼田(群馬)を結ぶ国道120号線は真白になっています。

f:id:sabuyan1953:20201217185116j:plain

f:id:sabuyan1953:20201217185157j:plain

ここもバックに男体山を見れるのですが。

f:id:sabuyan1953:20201217185221j:plain

湯元温泉の「日光湯元ビジターセンター」
激しい吹雪となっています。
激しい吹雪でカメラを壊したくないのと、深い積雪で湯の湖湖畔にも入れないので撮影を断念します。

f:id:sabuyan1953:20201217184649j:plain
激しい吹雪の中除雪作業を行っていました。

f:id:sabuyan1953:20201217184715j:plain

ここ(車)を左に入っていくと湯元温泉スキー場があります。

f:id:sabuyan1953:20201217184750j:plain

湯元温泉と金精峠への分岐点
12月25日に金精峠は冬季閉鎖となり遮断機が下ろされて通行止めとなります。

f:id:sabuyan1953:20201217184828j:plain

湯の湖には氷が張りはじめています。
来月には湯の湖も厚い氷に覆われ、毎年海上保安庁の救助訓練が行われています。

f:id:sabuyan1953:20201217184850j:plain

本日の湯元温泉の気温は零下8℃でした。

f:id:sabuyan1953:20201217185827j:plain

正午、第1いろは坂はシャーベット状になっています。
慎重にゆっくりと下ります。

f:id:sabuyan1953:20201217190147j:plain

今回の最強寒波は、特に日本海側の各地に大雪をもたらし、関越道では約1,100台が立ち往生し、新潟県自衛隊災害派遣を要請、復旧の見通しはたっていないと報道されていました。

大雪に見舞われた地方の方は大変な苦労をなさっていることと思いますが、幸いにここ日光は大雪に見舞われることもなく、呑気に写真撮影を楽しんでいること、申し訳ない思いです。

だからと言って私らに何かできるかと言ったら何もできないですよね。

これで奥日光も本格的な冬に突入しました。

奥日光に来るにはそれなりの装備が必要となりますので、訪れる予定のある方は車の冬期装備、自らの服装と万全の準備をする必要がありますので、自らの命を守るためにも準備を怠りなくしてください。

まずは奥日光の現在の状態を写真で発信いたします。 

また天気が回復したら雪の奥日光を撮りに行こうと思います。

今季最強寒波が日光に押し寄せる

 寒い!!

12月15日(火曜)、今季最強寒波が関東にも押し寄せ、ここ日光の地も寒い1日となりました。

西高東低の完全な冬型配置となった今日、今季最強寒波が南下し日本列島を大きく包み込み、北海道をはじめ東北・北陸地方に大雪をもたらし、日本各地で真冬の寒さとなりました。

ここ日光の地も朝から気温は上がらず、陽が高く昇った正午近くでも4℃と寒く、日光市民の憩いの場でもある「だいや川公園」の池は薄氷が張り凍てついていました。

そんな公園を防寒着を着込んだお年寄りたちが散歩をしていました。

カメラを持つ手が寒さにかじかみ冷たく「手袋が欲しい」と叫んでいます。

今日はセーターを着こみ防寒対策をして行ったのだが、それでも寒く午後から予定もあり早々と撤収をし家路につきました。

f:id:sabuyan1953:20201215180845j:plain

f:id:sabuyan1953:20201215180912j:plain

f:id:sabuyan1953:20201215180932j:plain

日光連山は雲に覆われ覗き見ることはできません。

f:id:sabuyan1953:20201215180951j:plain

 

私の愛車も今季初めて凍りつきました。

f:id:sabuyan1953:20201215181011j:plain

f:id:sabuyan1953:20201215181023j:plain

 

日中の気温は4℃と上がらず。

f:id:sabuyan1953:20201215181117j:plain

 

朝は晴れてていた日光市内も10時ころから雲に覆われ、白いものがちらちらと風に舞い始めました。

日光連山から強い風に乗って飛ばされてきたのでしょうか。 

男体山や女峰山などは雲に隠れ、その姿を見ることはできなかったですが、雪が舞っているのかな。

明日になれば真白に雪化粧をしているでしょう(⁉)

晴れればその姿を見ることができる。

いよいよここ日光の地も本格的な冬に突入ですか。

家に帰ってからは家内の車を鼻水を垂らしながらスタッドレスタイヤに交換です。

炬燵に入ったら出られません。

出たくない!!

温かい食べ物、飲み物が恋しくなる本当に寒い1日でした。