読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブやんの気ままなPHOTOライフ

山や川などの大自然、野鳥や昆虫などの動物、花などを撮るのが大好き。そんな被写体を気ままに撮っています。

福島市の花見山公園の花々が綺麗でした!!

 先月の4月23日、友達に誘われて福島市の「花見山公園」に、花の写真を撮りに行ってきました。 

この日は、前回に投稿した「三春桜のライトアップ」の撮影がメインだったので、ライトアップがはじまる午後6時半までの時間を過ごすため、以前友達が行ったことのある「花見山公園」に行こうということになりました。

これから様々な花が次々と開花し綺麗だよと、友達推薦の撮影スポットです。

もちろん私は初めて、「花見山公園」という名前すら知らなかったので楽しみにしていました。

当日は朝から快晴の暖かな花見日和、撮影日和に。

友達は町内会の行事があり、それを済ませてからの午前10時過ぎに福島に向けって出発。

それぞれの用事を済ませながら、宇都宮I/Cから東北自動車にのり一路福島に向け車を走らせる。
途中高速路から眺める残雪の那須連山や会津磐梯山や、新緑に染まる山々の美しいコントラストに魅せられながらの楽しいドライブ。

f:id:sabuyan1953:20170505140918j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505140933j:plain

福島西I/Cで高速をおり、14過ぎ目的地の花見山公園の臨時駐車場「あぶくま親水公園」に到着。
阿武隈川沿いにある、1,000台駐車可能な広大な駐車場で、この日も県内外から大勢の花見客が訪れていたが、まだ半分ほどの駐車スペースが空いていました。

ここから花見山公園へは期間中シャトルバスが随時運行されています。

運行期間:4月1日(土曜)~ 4月23日(日曜)

運行時間:午前7時~午後5時

利用料金:環境整備協力金として1人500円(小学生以上)

f:id:sabuyan1953:20170505132107j:plain

期間中、花見山公園の周辺は交通規制がされていて、マイカー(一般車両)の花見山公園への進入は規制されています。

花見山公園への進入口には、臨時駐車場への誘導案内標識があり、この案内標識に従って行くと、臨時駐車場へ着きます。

ここから花見山公園までは、シャトルバスで約15分ほどでつきます。 

 

f:id:sabuyan1953:20170505111835j:plain 

 

f:id:sabuyan1953:20170505111852j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112521j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112535j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112553j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112606j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112645j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112703j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112751j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112809j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112824j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112903j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112919j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112932j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505112950j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113010j:plain

 

ウォーキングコースの脇の水路では2羽のカモがのんびりと泳いでいました。

f:id:sabuyan1953:20170505113034j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113051j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113105j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113120j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113139j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113155j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113211j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113225j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113239j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113255j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113317j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113333j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113447j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113457j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113515j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113544j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113559j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113613j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113628j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113640j:plain

f:id:sabuyan1953:20170505113856j:plain

 

<花見山公園の山頂展望場>

f:id:sabuyan1953:20170505113844j:plain

こちらが花見山公園です!!

実は、私が一生懸命に花の撮影をしていたのは花見山公園ではなかったのです(笑)
花見山公園に至るウォーキングコース(歩行者通路)でした。

完全に勘違いしていました。
それほど公園の周囲も綺麗に環境整備されているということですね。

花の撮影に集中するあまり、公園の入口手前で友達を見失ってしまい、公園の入口まで来たのですが、その先にはタクシー乗り場があるだけと思い込み、ここからシャトルバス乗り場方向へ道路を戻ってしまったのです。

花を撮影しながら戻っていると、友達から電話があり、「今、どこにいる」と。

「公園の入口方向に戻っている」と答えると。

「俺はいま公園入口にいるよ」と。

次第に話が合わなくなり「うん~!?」カン違いに気づく。友達もそのことに気づき、「今からシャトルバス乗り場に戻るから」と言って電話を切る。

そして私が今来た方向を振り返ると、こちらに向かってくる友達の姿がありました。

友達いわく2人で山の方をみながら「あそこが花見山公園だよ。ここは公園じゃないよ」と。

次の目的地、「三春の滝桜のライトアップ」撮影のため、ここでの撮影を終了しシャトルバスに乗り駐車場へ戻りました。

今回は出発するのが10時と遅かったのと、次の目的地があったため十分な撮影時間が取れなかった。

次は朝早い時間に出て、撮影場所をここ一転に絞ろうと、そんな話をしながら「三春滝桜」に向かいました。

俗社会のしがらみや仕事のことを忘れ、ストレスを発散し、春の花の美しさ、香りに心も身体も癒された素敵な1日でした。

この花見山公園は私有地で、大正15年に養蚕農家だった阿部伊勢次郎さんが副業として畑に花を植えたのが始まりだそうです。

昭和11年になり「前の雑木山を花の山にすれば美しい山になる。それは、農家でなければできない楽しみだ。」という話があり、それから15年花を植え続け、今の美しい花の山ができたそうです。

そして多くの人々に楽しんでもらうため、昭和34年に花を見る山「花見山公園」として開放し、現在に至っているそうです。 

この地を訪れる花見客の皆様、カメラマンの皆様、このような阿部家のご家族様の好意に感謝し、マナーを守って楽しみましょう。

自分のイメージした写真を撮りたいがために、周囲の木や枝を折ったり、足元の草木を踏みつぶしたりするカメラマンもいます。

数年前の話ですが、ある町で鉄道の利用者に桜を楽しんでいただくために、沿線に桜の木を植栽したそうです。

その場所は以前から撮り鉄ファンの撮影スポットになっていて、一部の不心得者のカメラマンによって、植えられたばかりの桜の若木がすべて切り倒されてしまった、そんなニュース報道がありました。

このような話を聞くと、同じカメラマンとして恥ずかしく、情けなく、悲しくなってしまいます。

この場所だけに限らず、カメラマンだけに限らず、すべての場所、すべての人がマナーやルールを守ることは大切なことだと思います。

一部の不心得者によって、このような素晴らしい環境、スポットが失われないよう願うのみです。

花見山公園の詳しいことは、花見山公園の公式ホームページからお調べください。

長々と最後まで読んでいただきありがとうございます。 

 <花の種類と見頃時期カレンダー>

f:id:sabuyan1953:20170505142526j:plain

 

三春町のライトアップされた滝桜がきれい!!

念願だった福島県三春町の滝桜のライトアップを観てきました。

2017年4月23日、数年前から一度観てみたいと思っていた、福島県三春町の滝桜のライトアップを、写真友達と一緒に撮りに行ってきました。

三春町の滝桜の存在を知ったのはいつ頃だろう?

ハッキリとは覚えていないが、たぶん4、5年前だと思う。

地元の新聞、下野新聞に掲載されたのが、三春桜との初めての出会いだ。

それ以来、毎年この時期になると、撮りに行きたいと思うだけで、仕事の休みのタイミングが合わないを理由に行けなかった。

「行けなかった」というよりも、「行かなかった」といたほうが正しいかも。

隣の県なので、高速を使って2時間ほどで行けるのだが、めんどくさかったのかな!?

近くでいくらでも桜を撮れる場所はあるだろうと。

そして、今年も次々と桜の満開情報が届くなか、写真を楽しんでいる友から、「三春桜を観に行ってきたよ。」と、今が見ごろだから写真撮りに行こうと誘われ、2人で観にいきライトアップの写真を撮ってきました。

この誘いがなかったら今年も行かなかったかも。

この日は、滝桜の”ライトアップ撮影”がメインだったので、日中は福島市の花見山公園で花の写真を撮って過ごし、夕方4時過ぎに切り上げ三春町へ向けて移動しました。

明るいうちに三春の滝桜に到着し、一番いいポイント探しと、カメラのセッティングをする予定だったのだが、写真好きの習性だろうか、ついつい撮影に夢中になり予定の時間を過ぎてしまった。

そんなこんなで、目的地に着いたのは、周囲が真っ暗になった午後7時前。

満開になった見ごろの滝桜が観れるのも、おそらくこの日が最後の日曜日とあってか、無料の大駐車場も満車状態で、駐車場に入れない車の長い列ができ、空きスペースを探し駐車場内をグルグル回る車(?)の姿も。(駐車場内に誘導スタッフはいない)

私たちも前の車に続き進んでいくと、タイミングよく、目の前に停めていた車が出たので、空きスペース探しにイライラすることもなく、スンナリとそこに車を駐車することができた。

滝桜の周囲は、県内外からの大勢の観光客でごった返し、多くのカメラマンが三脚をセットし、じっくりと撮影を楽しんでいる姿、スマホを片手に自撮りをするカップルなど、たくさんの観光客が滝桜の美しさに魅了されていました。

私も三脚は持参していたのだが、三脚をセットする場所はないだろうと思い込み(他の観光客の迷惑になる)車の中においてきてしまった。

はじめて来た場所なのでわからなっかた。

のもあるが、どちらかというと、2人とも手持ちで動きまわりながら撮るのが好きなのです。(機動性)

もちろん、三脚をセットしたほうが綺麗な写真を撮れることは、2人とも充分に処置しているのですが。

来年はもっと早く来て、朝陽に輝く滝桜、日中の陽射しに照らされる滝桜も撮ってみたいと思います。

ライトアップの撮影テクニックも技量アップして。

心癒される素敵な1日でした。

花見山公園の記事も後日投稿したいと思います。

f:id:sabuyan1953:20170427115100j:plain
正面の芝生広場から撮影した滝桜。大勢の観光客などが周囲を取り囲んでいます。

 

f:id:sabuyan1953:20170427115147j:plain
裏側の高台に昇る坂の途中から、手前の桜の木越しに額縁風に撮影してみました。
滝の流れを表現してみたかったのですが、表現しきれていない。
技量未熟!!

 

f:id:sabuyan1953:20170427115201j:plain
更に左周りに回り込んで、滝桜の左側から(正面から見て)撮影

 

f:id:sabuyan1953:20170427115216j:plain
滝桜の裏側の高台にある句碑と桜

 

f:id:sabuyan1953:20170427115248j:plain
灯篭に照らされる高台の桜

 

 

三毳山公園のカタクリが見ごろになる!!

 今月4日に、岩舟町の「県営三毳山公園」にカタクリの花を撮りに行ってきました。

同公園内にある「カタクリの園」のカタクリが、山の中腹の斜面一面をピンクに染め見ごろを迎え、大勢の見物客が訪れ、その美しさに見入っていました。

その美しさをご堪能下さいませ。

 

f:id:sabuyan1953:20170407225852j:plain

f:id:sabuyan1953:20170407225929j:plain

f:id:sabuyan1953:20170407230133j:plain

f:id:sabuyan1953:20170407230219j:plain

f:id:sabuyan1953:20170407230320j:plain

f:id:sabuyan1953:20170407230418j:plain

f:id:sabuyan1953:20170407230508j:plain

f:id:sabuyan1953:20170407230740j:plain

 

www.park-tochigi.com

 

 

暖かさに誘われ桜が一気に開花

暖かな陽射しを受け一気に花をつける!!

朝方、7時前にはまだ蕾状態で花を開いているのは十数輪だったが‥‥

f:id:sabuyan1953:20170406230950j:plain

 

昼頃には暖かさで、蕾が一気に花を開き、美しいピンク色に染まりました。

f:id:sabuyan1953:20170406231007j:plain

 

こんなに綺麗に!!

f:id:sabuyan1953:20170406231043j:plain

 

明日にもサクラ開花か。

桜が花を開き始める。

昨日、同僚からグランドにある桜が花をつけていたよとの情報を得。

今日は一眼カメラを持参し出勤、遠目にはまだ蕾にしか見えないが、近くに行ってよく見ると、花を開き始めているものがありました。

暖かさが戻れば、明日にも花を開花させるのではないか。

4月12日には花見会が開催される。

それまでに満開となってくれればよいのだが。

下の写真は、3月24日時点の、同じ場所、同じ桜の木の状態です。

f:id:sabuyan1953:20170403230634j:plain

f:id:sabuyan1953:20170403231352j:plain

 

 

 

2歳の孫、ユーチューブの動画に夢中

ユーチューブの動画に熱中する2歳の孫

今年の6月には3歳になる孫ですが、ママのスマホを使い、ユーチューブの動画を一生懸命に見ている。

ただ見ているだけでなく、スワイプやタップの操作もやっているから感心させられる。

教えたわけでもないだろうが。

ママや周りでやっている姿をみて自然に覚えてしまうのだろ~。

じいが目の前に顔を突き出しても、カメラを向けて写真を撮っても見向きもせず、ひたすら動画に熱中している。

スマホの動画以外は目にはいっていないようだ。

こんな2歳の幼児まで熱中させてしまう、スマホやユーチューブを開発した人は素晴らし~。

ところで皆さんは、文部科学省が今年の2月14日に発表した、小学校、中学校の学習指導要領の改正案をご存知でしょうか。

私はつい最近購読している雑誌「日経パソコン3.27号」で知りました。

その改正案の大きな変更点は2つ。

1 グローバル化への対応を目指し、小学校5,6年生で英語を教科化

2 論理的思考力を身に着けるため、小学校の段階でプログラミング教育

この改定内容は、2020年度の全面実施を予定している。

そのため、2018年度から先行実施も可能なので、早ければ2018年度から改定案の内容を授業に取り入れる学校があらわれるようだ。

プログラミングの教科を新設するのではなく、既存の教科「算数・理科・総合的な学習時間」の中で実施していくようだ。

そんなわけで我が家でも孫にプログラミングを習わせようかなとも考える次第だ。

www.sakana.tech

https://www.facebook.com/WakuPro

 

f:id:sabuyan1953:20170401223910j:plain

 

一歩一歩、着実に春は訪れている。

 お休みしていたブログを再開していきたいと思います。

心配されていた家族の重大事も、複雑に絡み合った糸の糸口が見え始めてきたような気がします。

まだ完全な解決には至っていませんが、良い方向に向くこと、春が訪れることを信じて、手がつかずにいたブログを、少しづつできる範囲で投稿していきたいと思います。

昨日は、日中の気温が18℃と暖かでしたが、今日は一転して寒い一日となりましたが、春は着実に一歩一歩訪れています。

私の勤務先でも梅の花に続き、アネモネスイセンカタクリの花が次々と開花し、殺風景で寒々としていた森を、色とりどりに染めはじめ、暖かな春の陽ざしを感じられる日が多くなってきました。

 

アネモネについて

科・属名: キンポウゲ科イチリンソウ属
和名: アネモネ
別名: ボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)
英名: Anemone, Windflower
原産地: 地中海沿岸
色: 赤、ピンク、白、青、紫など
開花時期: 3月~5月
出回り時期: 3月~5月(最盛期は4月)
花持ち期間: 4~5日程度
誕生花: 1月22日、3月12日、3月13日、4月2日(白)、4月4日(赤)、4月6日

 

アネモネの語源は、ギリシャ語で風を意味する「anemos」に由来する(英名:Windowflower)。

早春の風が吹き始めるころに花を咲かせることからこのような名前がついたようです。

ヨーロッパでは、古くから美しさと儚さの象徴にされています。 

アネモネギリシア神話
愛の矢で誤って傷ついた愛と美の女神アプロディーテーは、その矢の力によって美少年アドニスを愛するようになります。しかし、アドニスは狩りで猪に殺されてしまい、その流れ出た血からアネモネの花が生まれたといいます。

 このようなことから、アネモネの全般的な花言葉は、「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」などの悲しげなものになっています。

 

花の色による花言葉は。

赤いアネモネ:「君を愛す」

白いアネモネ:「真実」「期待」「希望」

紫のアネモネ:「君を信じて待つ」

 

f:id:sabuyan1953:20170331205903j:plainアネモネスイセン

 

f:id:sabuyan1953:20170331210229j:plain
スイセンをマクロ撮影

f:id:sabuyan1953:20170331210317j:plain

f:id:sabuyan1953:20170331210450j:plain

 

 

f:id:sabuyan1953:20170331210405j:plain
アネモネをマクロ撮影

f:id:sabuyan1953:20170331210604j:plain
カタクリの花が咲いている森。この道路沿いの斜面一面に植栽されています。

f:id:sabuyan1953:20170331210641j:plain

f:id:sabuyan1953:20170331210756j:plain

f:id:sabuyan1953:20170331210825j:plain