サブやんの気ままなPHOTOライフ

山や川などの大自然、野鳥や昆虫などの動物、花などを撮るのが大好き。そんな被写体を気ままに撮っています。

世界遺産日光山内の「二社一寺」の紅葉を撮る~後編~

日光東照宮表参道、神橋周辺の紅葉も終焉を迎える。

約1時間20分にわたり逍遥園内での紅葉の撮影を終えた私は、逍遥園を後にし輪王寺の正門をくぐり、東照宮周辺の紅葉を撮るため、東照宮の表参道に出ました。

表参道を彩る、昨年のような鮮やかな紅葉は見られず、ほとんどが落葉し寂しさを感じます。

sabuphoto.hatenablog.jp

観光客の数もピーク時に比べたらかなり少ないようです。

昨年の紅葉のピーク時には、あちらこちで紅葉をバックに、記念写真を撮る観光客やカメラマンの姿がありましたが、ピークを過ぎた今日は、紅葉をバックに記念写真を撮る観光客の姿はほとんどありませんでした。

観光客の皆さんは、東照宮を目指して一直線に歩いています。

f:id:sabuyan1953:20171212211548j:plain

紅葉の写真を撮っているのは、私のように写真撮影が目的できているカメラマンだけのようですね。 

東照宮の参拝を終えた観光客も、表参道を真直ぐに輪王寺へ向かい、または帰途についているのでしょう。

昨年の紅葉のピーク時には、この場所のあちらこちらで、紅葉の写真を撮る人、記念撮影をする人や立ち止まって紅葉を観賞する観光客で大変に混雑していたのですが。

f:id:sabuyan1953:20171212222416j:plain

  今年の紅葉のピーク時もこの場所は、紅葉の写真を撮る人、記念撮影をする人、カメラマンで埋め尽くされていたものと思います。

 昨年のピーク時には、表参道を鮮やかに彩っていたモミジは、スッカリ落葉してしまい、参道脇にはカエデなどが申し訳なさそうに赤や黄色の色彩を保っていました。

f:id:sabuyan1953:20171212223409j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000308j:plain

f:id:sabuyan1953:20171212223330j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000026j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000101j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000136j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213001917j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002018j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002044j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000216j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002154j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002225j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002244j:plain


神橋の紅葉もほぼ終焉を迎えています。が、しかしここ神橋の周辺は通年をとおして、観光客と車で大変に混雑しています。

f:id:sabuyan1953:20171212211117j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002356j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002436j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002459j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002521j:plain
神橋の渡橋受付所
渡橋料金は大人300円です。
f:id:sabuyan1953:20171212210851j:plain

日光東照宮の駐車場の紅葉が綺麗でした。

f:id:sabuyan1953:20171213002604j:plain

日光東照宮の駐車場へ向かう狭い道路は、長い車列と東照宮へ向かう歩行者で混雑、すれ違うのに”ヒヤヒヤ″の状態です。
この後、私は混雑が予想される神橋・市内方面(国道)へは向かわず、この先の神橋手前の交差点で左折し、霧降高原方面へ向かい、空いている大谷川沿いの道(県道)へ入り自宅へと向かいました。

f:id:sabuyan1953:20171213002706j:plain

この記事を書いている今日(13日)、紅葉前線は通り過ぎ、ここ日光の地はすでに冬へと移行、日光湯元温泉では12日夕の時点で約10㎝だそうです。

今シーズン最強の寒波が押し寄せていることで、日光の山々は更に雪深くなり、本格的な冬に突入していくのでしょうね。

昨日、日光二荒山神社では年末恒例の「神橋のすす払い」が執り行われ、今年1年が締めくくられました。

 紅葉の投稿記事がタイミングを外し、後手後手となってしまいました。

来年は、もっとタイムリーに紅葉情報をアップしていけるよう努力をしていきたいと思います。

これで今年の紅葉の記事は終了します。

 

サボテン!? 

サボテンなのか、名もわからぬ神秘的な花

幾重にも連なった葉の先に、真赤な神秘的な花をたくさん咲かせています。

触ると白色の花粉がたくさん身体につきます。

f:id:sabuyan1953:20171212112841j:plain

f:id:sabuyan1953:20171212112858j:plain

 

 

世界遺産日光山内の[二社一寺」の紅葉を撮る~前編~

日光輪王寺「逍遥園」の紅葉は、ピークを過ぎていましたが、まだ一部で鮮やかな色彩を放っていました。

2017年11月13日、日光の世界遺産輪王寺・逍遥園」の紅葉を撮りに行ってきました。

この日はすでに紅葉のピークを過ぎているのはわかっていたのですが、それでも「逍遥園」の紅葉を期待し、写真に収めたく出かけました。

予想とおりに、ここ日光山内の紅葉はピークを過ぎて、ほとんどが落葉し、色づいているのはわずかでした。

逍遥園の中も同様でしたが、入園券を購入し入園、紅葉がピークを過ぎたことで入園している人も少なく、観光客を気にすることもなく、思う存分にわずかに残っている紅葉を撮影することができました。

f:id:sabuyan1953:20171202221023j:plain
入園券500円です。
紅葉は終焉を迎えているのに、500円払って入園するのは高いか、安いかそれは人それぞれだと思いますが、私は充分それだけの価値はあると思っています。
観て楽しむのは紅葉だけではないですから。
日本庭園の趣きのある美しさを見て歩くのも心癒されますから。

今回はわずかに残っているモミジの紅葉や池の光景、落葉をメインに撮りました。 

f:id:sabuyan1953:20171211132028j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211132130j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211132255j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211132437j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211132556j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211132613j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211132654j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211132718j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211131838j:plainf:id:sabuyan1953:20171211132757j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211133229j:plain

 

f:id:sabuyan1953:20171211133306j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211133459j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211133529j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211133549j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211133626j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211133653j:plain

 f:id:sabuyan1953:20171211133828j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211133907j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134031j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134102j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134129j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134153j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134229j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134303j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134334j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134400j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134432j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134520j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134604j:plain

 f:id:sabuyan1953:20171211142946j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211143525j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211143603j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211143735j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211143813j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211134803j:plain

f:id:sabuyan1953:20171211135423j:plain
今年も10月25日から11月15日まで逍遥園のライトアップが行われました。

f:id:sabuyan1953:20171211152116j:plain
日光「輪王寺」です。
2007年(平成19年)から、三仏堂の平成の大規模修理が行われています。
平成30年に修理が終わる予定です。

 

昨年の「輪王寺逍遥園」の紅葉 

sabuphoto.hatenablog.jp

 日光の紅葉はすでに終わってしまていますが、後編で日光東照宮、神橋を含めた日光山内地区の紅葉をアップしたいと思います。 

季節は冬、まだ花を咲かせるハクチョウソウ

多くの花は萎んだり、枯れてしまっていますが、気温7℃の寒さにも負けず、数輪の花が元気に花を開いています。

本当に強い花です。

f:id:sabuyan1953:20171206190800j:plain

f:id:sabuyan1953:20171206190821j:plain

f:id:sabuyan1953:20171206190843j:plain

 

sabuphoto.hatenablog.jp

 

 

今年も始まりました「まちの駅 新・鹿沼宿」のイルミネーション

今年はよりバージョンアップ、約8万個のLEDを使用して「まちの駅 新・鹿沼宿」の芝生広場を電飾

全国的にイルミネーションが盛んにおこなわれる季節が訪れました。

12月にはいり、栃木県内でもあちらこちらでイルミネーションの点灯がはじまっています。

鹿沼市でも12月1日に仲町の「まちの駅 新・鹿沼宿」(国道293号線沿い)の芝生広場において、イルミネーションが点灯されました。

昨年に続き今年は2回目の開催です。
来年の平成30年2月28日まで点灯されています。

2回目となった今年は、LED電球の数を昨年の4万8千個から、約2倍の8万個に増やして同駅の芝生広場を電飾しています。

今年の変わったところは、同駅のスタッフが研究してバージョンアップした、長さ25m、高さ4mの“ナイアガラ“と写真撮影の舞台を南側に新設したことです。

昨年と同様に青色のLEDは清流を、赤や緑いろなどのLEDはイチゴ畑をイメージしています。

 

f:id:sabuyan1953:20171206155958j:plain
男の子が、イルミネーションの真ん中を走り抜ける瞬間をとらえました。
ケヤキの木も電飾されています。

f:id:sabuyan1953:20171206160022j:plain
バージョン アップで変わった場所がここです。
右側の青色の部分が、ナイアガラをイメージした電飾です。
昨年は、川とイチゴ畑をイメージした電飾でしたが、ナイアガラと写真撮影の舞台に変わっています。

f:id:sabuyan1953:20171206160042j:plain
お母さんと男の子が手をつないで、話をしながら楽しそうに歩いています。

f:id:sabuyan1953:20171206160115j:plain
こちらはお父さんと男の子が談笑しています。上の写真と同じ家族かな!?
奥がナイアガラをイメージした電飾で、その前に写真撮影用の舞台があります。

f:id:sabuyan1953:20171206160146j:plain
 トンネルはイチゴハウスの骨組みに電飾しています。

 

今回の撮影は、仕事帰りに急遽立ち寄り、主にスマホで撮ったものです。

一眼レフも持っていたのですが、途中でカメラの動作がおかしくなり(撮影したショットがビューされたまま消えなくなってしまった)、撮影できなくなってしまったため、諦めて帰宅しました。

家の近くなので三脚、レンズやフィルターなどの撮影機材の準備をしっかりとして、撮りなおしに行ってきたいと思います。

読者の皆様を感動させられるような写真をアップできればと思います。

でも、それだけの腕がないので悪しからず(⌒∇⌒)

県内各地のイルミネーションの撮影にも出かけたいと思っています。

順次アップし、皆様にも紹介していければと思いますのでよろしくお願いいたします。

sabuphoto.hatenablog.jp

sabuphoto.hatenablog.jp

日光市の「だいや川公園」に紅葉を求め行ってきました。

みなさまこんにちは。

今回は下書きのまま保留され、なかなか仕上げることができなかった、「日光だいや川公園」の記事を投稿します。

先月11月12日に「だいや川公園」の紅葉を撮りに行ってきました。

もう、1ヶ月近くたってしまいました。

この日の撮影予定は、本来であれば日光山内の世界遺産「二社一寺」の紅葉を撮影するのが第一の目的でした。

だいや川公園は二番目の代替候補地でした。

というのもこの日は日曜日、さらに紅葉がピークとの情報があり、この周囲の道路は県内外からの車で大渋滞し、多くの観光客で大混雑が予想されること。

そう~。
忘れていました。
この日は、日光東照宮表参道を会場(スタート、ゴール)に、2回目の日光マウンテンランニング(トレイルランニングも行われていたのです。
私も怪我をしていなければ参加していた大会です。

周囲の駐車場も早い時間から満杯になり、長い時間駐車待ちの列に巻き込まれたくなかったからです。

案の定、「二社一寺」へ向かう国道119号線は日光駅の方(?)まで渋滞。

私は渋滞が予想される国道を避け、国道と平行に走る大谷川沿いの直線の県道248号を直進、霧降大橋で左折し国道119号方向に向かいました。

そして左折したとたんに渋滞がはじまり、先の日光駅前の国道の交差点をみると、T字路の交差点の中までビッシリト車がとまり、こちらの信号が青になっても進めない(右折)状態です。

目的地まではあと1㎞程度、このまま1時間も2時間も待たされたくない、燃料ももったいないと考え、前の車が右折して狭い路地に入ったのに続き、私も狭い路地の住宅地の道路を回ってUターン、もとの道に戻り「だいや川公園」に向かいました。

だいや川公園は、名前のとおり大谷川沿いにある日光市民の憩いの広場です。

県内外からの観光客はほとんど通ることがない道筋にあるので、知っている人は少ないかなと思います。

駐車場もスンナリト停めることができ写真撮影を始めました。

駐車場のある、インフォメーションエリアやスポーツ広場では紅葉は見られないので、道路を渡り紅葉が多く見られる反対側の交流エリアへ移動 して撮影しました。

f:id:sabuyan1953:20171119223033j:plain

だいや川公園には何度か訪れていますが、こちらのエリアに入ったのは初めてでした。

やすらぎの池から見る男体山や女峰山の日光連山の美しさ、やすらぎの池を中心とした交流エリアの閑静で長閑な雰囲気に、スッカリ心を奪われ撮影に熱中しやすらぎのひと時を過ごすことができました。

公園の中には何本かの散策コースが整備されており、犬を連れて散歩する人、カップルや家族ずれなどがのんびりと森林浴を満喫していました。

f:id:sabuyan1953:20171202130557j:plainf:id:sabuyan1953:20171202130717j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202130754j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202131251j:plain
紅葉の下のフィールドアスレチックで遊ぶ家族ずれ。

f:id:sabuyan1953:20171114231917j:plain
やすらぎの池と日光連山の女峰山

f:id:sabuyan1953:20171119223154j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119223456j:plain
やすらぎの池で遊ぶ鴨

f:id:sabuyan1953:20171119223549j:plain
やすらぎの池の水面を埋めるモミジなどの落葉。

f:id:sabuyan1953:20171119223643j:plain
池の水面に反射する2本の裸木と、その近くの芝生広場で遊ぶ家族ずれの光景が素敵でした。

f:id:sabuyan1953:20171119223717j:plain
水面に反射する青空と雲、そこを埋める赤・黄に染まった落ち葉が、陽射しに輝いていました。

f:id:sabuyan1953:20171119223900j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119223925j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119223952j:plain
池の傍らに咲く菊の花

f:id:sabuyan1953:20171119224015j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119224049j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119224136j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119224348j:plain
奥からこちらに向けて射し込む陽射しに、キラキラと輝く水面の落ち葉を撮ったのですが、その輝きを表現しきれていないですね。

f:id:sabuyan1953:20171119224544j:plain
突然飛び立った鴨を慌てて追っかけて撮ったのでブレてしまったようです。

f:id:sabuyan1953:20171119224617j:plain

 

f:id:sabuyan1953:20171202134125j:plain
池に流れ込むせせらぎの水草には、大きさが数㎜程度の水色の小さな花が咲いていました。

f:id:sabuyan1953:20171202143436j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202134313j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202134500j:plain
紅葉越しの「緑の相談所」

f:id:sabuyan1953:20171202144203j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202144334j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202144415j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202150149j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202144508j:plain
そよ風広場公衆トイレの屋根の上に自生(⁉)するススキ。

f:id:sabuyan1953:20171202144551j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202144628j:plain
紅葉した木の下で家族ずれがシートを広げて、のんびりと談笑をしていました。

f:id:sabuyan1953:20171202144716j:plain
そよ風広場「やまみの丘」から眺める日光連山の女峰山です。

f:id:sabuyan1953:20171202150312j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202150414j:plain
黄葉したコナラの葉

f:id:sabuyan1953:20171202150542j:plain
フィールドアスレチックの黄葉

f:id:sabuyan1953:20171202150619j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202150724j:plain

とんぼ池では春からとんぼや水中生物の姿が見られるそうです。

f:id:sabuyan1953:20171119222809j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202150832j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202150944j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202151524j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119224710j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119224744j:plain

f:id:sabuyan1953:20171119224809j:plain 
トンボ池に流れ込むせせらぎの水面を覆う水苔水草
この下ではたくさんのトンボなどの幼虫が春を待っているのですね。

f:id:sabuyan1953:20171202151142j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202151905j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202151951j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202152013j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202152041j:plain
散策コース沿いの紅葉や落ち葉が目を楽しませ、シーンと静まり返った閑静なひと時。この中を歩いていると、町の喧騒を忘れすべての雑念を払いのけ、心を和ませ癒し、心身ともにリフレッシュしてくれます。

f:id:sabuyan1953:20171202152120j:plain
公園の中を貫く県道248号線。
奥に見える橋は公園をつなぐ連絡橋です。
橋の手前に公園の入口(大駐車場)があります。
この写真は旧日光市方面から旧今市市方面を撮ったものです。

f:id:sabuyan1953:20171202152220j:plain
パークゴルフ場内にあった珍しい木です(名前不明)。

f:id:sabuyan1953:20171202152255j:plain
イベント広場の真赤な実

f:id:sabuyan1953:20171202152321j:plain
ちびっこ広場からイベント広場と日光連山を望む。
右手の建物では野菜の直売やお土産品を売っています。
左側の建物は、休憩所レストラン「だいやの森」です。

f:id:sabuyan1953:20171202152416j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202152443j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202152502j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202152527j:plain

f:id:sabuyan1953:20171202152557j:plain
駐車場の小さな草花を撮ってみました。

f:id:sabuyan1953:20171202152630j:plain
モミジ越しに見える日中のお月様

 

だいや川公園には、フィールドアスレチック、パークゴルフ場やグランドゴルフ場などのスポーツ施設、オートキャンプ場、ちびっこ広場、フリーマーケットやそば祭りなどの様々な催しが開催されるイベント広場があり、大人から子供まで楽しめる施設があります。

地元の日光市民にとっては、犬の散歩や森の中の散策コースを散策したり、芝生広場で子供たちを遊ばせたり、運動をしたりと心身ともにリフレシューできる憩いの場所でしょうか。

県内外から来られる一般の観光客は、並行して走る国道を利用するので、知っている方は数少ないかと思います。

場所は、「日光宇都宮道路」今市インターから約4㎞の県道248号線沿いにあります。

日光の男体山・女峰山が雪化粧

ここ数日の寒さで、日光連山の男体山・女峰山が雪化粧しました。

この数日、真冬並みの寒さが続きました。

天候も曇り空、雨天の日々でしばらく日光の山並みを見ることができませんでしたが、

雨が上がった今日、日光の連山の男体山(標高2484m)や女峰山(標高2460m)の山頂が、うっすらと雪化粧していました。

このまま根雪となり冬に突入していくのでしょうか。

男体山の初冠雪は、10月24日(宇都宮地方気象台発表)で、昨年より8日、平年より6日早いそうです。

台風21号の影響で寒気が引き込まれたため。

f:id:sabuyan1953:20171124222515j:plain

f:id:sabuyan1953:20171124222436j:plain
10月24日、塩谷町上平パーキング(ふれあいの里)の鬼怒川堤防から撮影