サブやんの気ままなPHOTOライフ

山や川などの大自然、野鳥や昆虫などの動物、花などを撮るのが大好き。そんな被写体を気ままに撮っています。

日本一の「蝋梅の里」で蝋梅を撮ってきました。

 私のイメージする壮大な景観とはギャップがあったが、可憐な花に魅了されて夢中でカメラのシャターを切っていました。

 

 1月16日(火曜)朝、地元の新聞「下野新聞」を読んでいると、こんな記事が載っていました。

f:id:sabuyan1953:20180117213940j:plain

 

f:id:sabuyan1953:20180117214025j:plain

上の記事は私が住んでいる鹿沼市にある「蝋梅の里」、下は隣の栃木市大平町の「清水寺」の蝋梅が見ごろとの記事です。

最初に目に飛び込んできたのは清水寺の蝋梅の記事です。

この時期”撮影するような花も咲いていないし”と、被写体探しに悩んでいたのですが、この記事が記事が思い出させてくれました。

そうだ「蝋梅の時期だ。もう、見ごろなのか」と。

よし~、今日はここに写真撮りに行こうと。

そして、さらに新聞を読み進めていくと、別の紙面に「日本一の蝋梅の里」の記事が載っていました。

4種4000本、見ごろの記事に目がとまりました。しかも同じ鹿沼、近い。

私の脳には、真黄色に染まった壮大なスケールの里の風景が浮かび上がり、即決で目的地を変更。

この日の本来の目的は、東京の「オリンパスプラザ」で開催される、オリンパスの写真講座に参加するために休みを入れたのですが、東京まで時間がかかるし、旅費もかかるしとめんどくさくなって、結局講座への参加申し込みをしませんでした。

9時40分から歯医者の予約を入れていたので、まずは歯の治療。

そして怪我をした足首のリハビリのため整形外科へ。

11時には終わり「蝋梅の里」へ直行。

蝋梅の里についてちょっとガッカリ。

私のイメージしていたものと、実際の場所のギャップが大きかった

実は「蝋梅の里」を訪れたの初めて。

同じ市内に住みながらここにあるのも知らなかった。

せっかく来たのだからと入園料300円を支払い入園。

 f:id:sabuyan1953:20180117224051j:plain

当園は日本一の「蝋梅の里」だそうで、日本最多の4種類の蝋梅が鑑賞できるということです。

私は、他の蝋梅の里を訪れたことがないので「日本一の蝋梅の里」かどうかわかりませんが。

私が、この写真の入口を入った右奥の方で写真を撮っていると、後から入園してきた70~80才くらいのおじいちゃんが、私の隣にいた私と同年代(60才代)くらいのご夫婦らしき人に話していました。

「高崎の蝋梅の里はすごかった。ここはちょっと」と、ガッカリした様子で話をし、首をかしげながら奥のほうへと足早に歩いていきました。

私のイメージしたものとギャップはあったものの、園に入ってみると真黄色に染まった可憐な蝋梅の花に魅了され夢中で写真を撮っていました。

甘い香りがするらしいのですが、花の悪い私にはその香りをあまり感じとることができませんでした。

実際に蕾に鼻を近づけ嗅いでみたのですが。

わずかにそんな匂いがするのかな程度でした。

日本初の蝋梅の香水も販売しているようです。

日本最多の4種の蝋梅とは。

「満月」「素心」「基本種」「原種(唐蝋梅)」

f:id:sabuyan1953:20180117224119j:plain

日本一の巨木

f:id:sabuyan1953:20180120101537j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117224249j:plain

「原種」こちらはまだほとんど花をつけていません。

f:id:sabuyan1953:20180117224320j:plain

「満月」。太陽光を透きとおし輝いていました。

f:id:sabuyan1953:20180117224514j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117224434j:plain

 「基本種」の蝋梅。この種の蝋梅を観られるのは日本唯一ここだけだそうです。

f:id:sabuyan1953:20180117224614j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117224702j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117224825j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117224907j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117224931j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117224959j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225030j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225050j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225111j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225134j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225208j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225241j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225312j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225337j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225406j:plain


柚子をバックに撮ってみました。

f:id:sabuyan1953:20180117225422j:plain


園内にあった1本の柚子の木です。たくさんの実をつけていました。

f:id:sabuyan1953:20180117225451j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225523j:plain

f:id:sabuyan1953:20180117225541j:plain

フクジュソウ福寿草)も一輪花を咲かせていました。

f:id:sabuyan1953:20180117225610j:plain

 

f:id:sabuyan1953:20180117223653j:plain

4種類の蝋梅の説明がされたパンフレット

f:id:sabuyan1953:20180119231705j:plain

 入園時にいただいた地元産のお茶です。

f:id:sabuyan1953:20180117225723j:plain

 

冬の日光だいや川公園 第3弾

冬の日光だいや川公園 ~自然体験エリア~

今回は公園の中央を横切る県道を渡り東武日光線沿いに広がるエリアを紹介します。

大谷川の堰から日光連山を撮影した後は、その前にある県道を横切り、西駐車場に入り体験学習施設   ⇒ チョウの丘  ⇒ スポーツ広場   ⇒ 大駐車場   ⇒ インフォメーションエリアへと、スタート地点へ戻りながらの森の息吹を探し求めて写真を撮りました。

こちらの場所は大駐車場に近く、ペットを連れてウォーキングを楽しむ人、友達同士で歩く人、一人でウォーキングを楽しむ人など数組のグループと出会いました。

スポーツ広場では、男女5人の20代くらいの若者がパークゴルフを楽しんでる姿もあり、チョット立ち止まり眺めていました。

羨まし~!!

1人カメラを持って歩く自分が寂しくなってしまう。

でも、写真撮って歩くことは楽しいですね。

よく周囲を観察しながら歩くので、ただ歩いているだけ、仲間とワイワイ騒いでいるだけでは見えないものが見えてきます。

 

<だいや川公園のMAP>

f:id:sabuyan1953:20180113224905j:plain

 体験学習施設の脇の残雪

f:id:sabuyan1953:20180113232917j:plain


体験学習施設の前のせせらぎ。

f:id:sabuyan1953:20180113233011j:plain

椿の花がたくさん咲いていましたが、ほとんどが萎れ色褪せてしまい、その中で一番状態の良いものを選び撮りました。

f:id:sabuyan1953:20180113233339j:plain

せせらぎにはたくさんの水草が青々と生い茂ていました。

f:id:sabuyan1953:20180113233905j:plain

 f:id:sabuyan1953:20180113233745j:plain

f:id:sabuyan1953:20180114115229j:plain


水面下で水の流れに揺れる水草

f:id:sabuyan1953:20180114115254j:plain

春の兆し!!

f:id:sabuyan1953:20180114115324j:plain


黄金色に輝く苔の中に、白い苔が「私もいるよ」とその存在感を輝かせています。

f:id:sabuyan1953:20180114115357j:plain


植生保存エリアの小さな植物。
ただ歩いているだけでは気がつかないような、数センチ程度の小さな植物です。

f:id:sabuyan1953:20180114115504j:plain

f:id:sabuyan1953:20180114115521j:plain


静かな佇まいの中に架けられた木道。

f:id:sabuyan1953:20180114115554j:plain


風情を感じる癒しのせせらぎ。

f:id:sabuyan1953:20180114115634j:plain


白い綿のような毛におおわれた芽が、太陽光を透かしキラキラと輝いていました。

f:id:sabuyan1953:20180114115720j:plain


パークゴルフ場の脇を通過する東武日光線の日光行きの普通電車
パークゴルフ場では数組のグループがパークゴルフを楽しんでいました。

f:id:sabuyan1953:20180114115747j:plain


大駐車場のわきに咲いていた真白な綿のような花(!?)

f:id:sabuyan1953:20180114115816j:plain


上の写真の綿毛の一つをマクロ撮影しました。
私には白い犬の顔に見えますが。

f:id:sabuyan1953:20180114115845j:plain

真赤な実をたくさんつけています。

f:id:sabuyan1953:20180114115910j:plain


ヒイラギナンテンの木
葉が赤・黄・緑などの極彩色に染まり、神秘的な雰囲気を醸し出しています。
私的には、どこかの南国にきたような感覚にとらわれました。

f:id:sabuyan1953:20180114120008j:plain

f:id:sabuyan1953:20180114120031j:plain


「アオキ」の木
標識には「ヒイラギナンテン」と書いてありますが、調べたところこれは「アオキ」の木ですね。
写真を撮った位置関係(裏側)からこのようになってしまいました。
上の写真が正面から撮ったものです。

f:id:sabuyan1953:20180114120055j:plain


冬の日光だいや川公園の紹介はこれで終了します。

引き続き日光の紹介していきたいと思います。

冬の日光だいや川公園 第2弾

冬の日光だいや川公園 ~自然体験エリア~

第2弾は「そよ風広場」からアスレチック広場の脇をとおり自然の豊かな自然体験エリアに森の中に入り、大谷川沿いの森の小路を、「ぶんか・創作体験エリア」までの冬の森の息吹を紹介します。

森の中に入ってしまうと、それまでの冷たい風も当たらなくなり、手の凍えも和らいできました。

こちらに来ると人影もさらに少なくなり、森の中の小路をウォーキングする数人の人に会う程度で、のんびりとマイナスイオンを浴びながら、冬の森の息吹を肌で感じ写真を撮り歩きました。 

 <だいや川公園MAP>

f:id:sabuyan1953:20180112213201j:plain

アスレチック広場
冬の平日とあってここで遊ぶ子供たちなどの姿は見られず、静かな森の佇まいを見せています。暖かな休日ともなれば、家族連れや若者の歓声が響き賑わうのでしょうが、この日はシーンと静まり返っていました。

f:id:sabuyan1953:20180112215157j:plain

f:id:sabuyan1953:20180112215221j:plain

f:id:sabuyan1953:20180112215245j:plain

苔の中には数個のドングリの実が落ちていました。春になればここから新たな芽生えがあるのでしょうか。

f:id:sabuyan1953:20180112213505j:plain


苔の中から草木の小さな小さな芽が何本も顔を覗かせていました。

f:id:sabuyan1953:20180112213531j:plain


ヤブコウジ」という常緑の草状の小低木。
高さは10㎝~20㎝になるそうで真赤な果実をつけていました。

f:id:sabuyan1953:20180112213550j:plain

f:id:sabuyan1953:20180112213611j:plain


「どんぐりの小路」の風景。
苔の上に落ちたたくさんの落ち葉と石、その後ろの数種類の樹々が何とも言えない風情を感じさせ、とても素敵で心癒されました。

f:id:sabuyan1953:20180112213756j:plain


大谷川の堰から眺める日光連山。
ここからの眺めがとても大好きです。
私の№1の絶景ポイントです。

f:id:sabuyan1953:20180112213821j:plain


大谷川の河川敷のススキの中を歩いていると足下に真白な穂をつけた草がありました。

f:id:sabuyan1953:20180112213857j:plain


太陽の陽射しを浴び輝くススキの穂

f:id:sabuyan1953:20180112213921j:plain


青空に向かってスクッと真直ぐに延びるススキ。雲を背景に弱冠下から仰ぎ見るように撮ってみました。

f:id:sabuyan1953:20180112213957j:plain


日光だいや川公園の一番北の端「文化・創作体験エリア」から望む日光連山

f:id:sabuyan1953:20180112214032j:plain

f:id:sabuyan1953:20180112214059j:plain

NEXTも自然体験エリアを紹介していきます。

 

冬の日光だいや川公園 第1弾

冬の日光だいや川公園 ~やすらぎの池・そよかぜ広場~

毎日の通勤時に眺めている冠雪した日光連山、朝の通勤時に車窓から眺めるその美しさに魅了され、写真に残したいと通勤のたびに思っていましたが、なかなか行く機会ができずにいました。

そしてようやく今日(1月10日)行くことができました。

日光連山の撮影スポットとしては、ここ日光だいや川公園がナンバーワンのポイントと私は思っています。

北海道では大荒れの天気、九州鹿児島でも初雪が観測されたようですが、関東地方は晴れの晴天にめぐまれ、かねてから思っていただいや川公園からの日光連山の撮影に出かけました。

晴れとはいえ、風が強く、気温も9℃と低くカメラを持つ手が凍え、時おり手をジャンバーのポケットに突っ込みながらの撮影でした。

また強い風に被写体の草木が揺れ動き、なかなか静止することがなく、凍える手でシャッターチャンスを待ち続けましたが、耐え切れずシャッターを押していました。

< 今回の投稿の撮影場所のマップ>

f:id:sabuyan1953:20180111221815j:plain
大駐車場に車を停め、県道を横断しやすらぎの池に入り、ここで日光連山や植物、野鳥などを撮影しました。

遮蔽物などがない広場なので、日光の山から吹き降ろす強い冷たい風で、手は凍える中でシャッターを切り続けていました。

風が強く寒い日でしたが、地元の方や近隣の方思われるお年寄りや若いカップル、ペットの犬を連れている人などが、自然の豊かな広い公園の中を散策していました。

 

アセビの木

f:id:sabuyan1953:20180110203936j:plain


ツタが這い上がってきています。

f:id:sabuyan1953:20180110204021j:plain


逆光に透けて輝いているパンジー。
太陽の陽射しを浴びてキラキラと輝く池の水面

f:id:sabuyan1953:20180110204126j:plain


冠雪した日光連山
左から男体山大真名子山、女峰山

f:id:sabuyan1953:20180110214702j:plain

f:id:sabuyan1953:20180110214749j:plain


日陰となって場所には雪が融けずに残っています。
その前には葉ボタンが。

f:id:sabuyan1953:20180110214837j:plain

まるで雪を冠ったように全身真白な草
何ていう名の草だろう!?
それとも突然変異

f:id:sabuyan1953:20180110214901j:plain


春にはこの場所には綺麗な花が咲き誇る。

f:id:sabuyan1953:20180110214932j:plain

野鳥も飛びまわっていました。

f:id:sabuyan1953:20180110221131j:plain

f:id:sabuyan1953:20180110221151j:plain

 

f:id:sabuyan1953:20180110221324j:plain

f:id:sabuyan1953:20180110221438j:plain

オオヤマサクラが芽を吹いている。

f:id:sabuyan1953:20180110221547j:plain

コブシも芽を吹いている。

f:id:sabuyan1953:20180110221645j:plain

やまみの丘の脇にあるサクラ(⁉)の木

f:id:sabuyan1953:20180110221614j:plain

NEXTは「自然体験エリア」の写真をアップしたいと思います。

この冬初の積雪

2018年あけましておめでとうございます。

読者の皆様今年もよろしくお願いいたします。

昨年の暮れから、うどん県の高松にいる長女の家族が帰省、長男、次女の子供たちと末娘と家族全員が揃い、孫6人と大人7人で狭い我が家は座る場所もないくらいでしたが、大賑わいの楽しい年末年始を過ごすことができました。

そんなこんなでブログは中断し、孫たちとの生活を優先し、パソコンの前に座ることもありませんでした。

長女たちは3日には高松に帰り少し寂しさが残っています。

今年もすでに6日が過ぎてしまいましたが、ブログを再開していきたいと思います。

まずは、昨年の12月27日のこの冬初の積雪をアップします。

12月27日は7時からの早番の勤務で6時15分に家を出発しました。

この時の空は、真っ二つに2分するように、北側はどんよりとした黒い雲が空を覆い、南側半分は青空が広がっていました。

8時45分頃になると、窓の外で一時雪がぱらつきましたが、積もることもなく止み晴れ間が広がりました。

そして10時20分頃になると再度白いものが舞はじめ、本降りの様相を呈してき地面を白く染め始めました。

このまま雪の1日になるかなと思いましたが、11時過ぎにはちらちら舞う程度で青空が広がてきました。

ここ宇都宮での初の積雪になりました。

 

f:id:sabuyan1953:20171228234525j:plain

f:id:sabuyan1953:20171228234539j:plain

f:id:sabuyan1953:20171228234554j:plain

f:id:sabuyan1953:20171228234615j:plain

f:id:sabuyan1953:20171228234633j:plain


12頃には太陽が顔を出し青空が広がる。

f:id:sabuyan1953:20171228234648j:plain

f:id:sabuyan1953:20171228234702j:plain

f:id:sabuyan1953:20171228234725j:plain


夕方帰宅時の写真です。
朝もこのような空模様でした。
右半分(北側)が真っ黒な雲に覆われています。

f:id:sabuyan1953:20171228234742j:plain

f:id:sabuyan1953:20171228234755j:plain


前方(南側)にひろがる青空。後ろの北側には真っ黒な空が広がっています。

f:id:sabuyan1953:20171228234820j:plain

南の空にはお月様が。

f:id:sabuyan1953:20171228234837j:plain

全天を真っ二つ(明と暗)に分けています。

f:id:sabuyan1953:20171228234851j:plain

 翌日の地元の新聞「下野新聞」の記事です。

f:id:sabuyan1953:20171228234917j:plain

f:id:sabuyan1953:20171228234932j:plain

 

キラキラと輝く葉ボタンに降りた霜

凍てつく日光だいや川公園「緑の相談所・やすらぎの池」の葉ボタン

今シーズン最大の寒波が襲来したこの日の朝、日光だいや川公園の気温は4℃と冷え込み、カメラを持つ手が凍える。

日光だいや川公園の緑の相談所にある「やすらぎの池」には、葉ボタンが植栽されています。

その葉ボタンには霜が降り、朝の柔らかな陽射しに”キラキラ”と輝きを放っていました。

その美しさに、手の凍え寒さを忘れ、ひざまずきダンゴ虫のような姿で、夢中でシャッターを切っていました。

そんな私の後ろを、散歩をしている何人もの地元の人たちが通り過ぎていきました。

「やすらぎの池」には薄氷が張り、すっかり冬の光景を醸し出しています。

f:id:sabuyan1953:20171219233526j:plain

f:id:sabuyan1953:20171219233542j:plain

f:id:sabuyan1953:20171219233606j:plain

 

世界遺産日光山内の「二社一寺」の紅葉を撮る~後編~

日光東照宮表参道、神橋周辺の紅葉も終焉を迎える。

約1時間20分にわたり逍遥園内での紅葉の撮影を終えた私は、逍遥園を後にし輪王寺の正門をくぐり、東照宮周辺の紅葉を撮るため、東照宮の表参道に出ました。

表参道を彩る、昨年のような鮮やかな紅葉は見られず、ほとんどが落葉し寂しさを感じます。

sabuphoto.hatenablog.jp

観光客の数もピーク時に比べたらかなり少ないようです。

昨年の紅葉のピーク時には、あちらこちで紅葉をバックに、記念写真を撮る観光客やカメラマンの姿がありましたが、ピークを過ぎた今日は、紅葉をバックに記念写真を撮る観光客の姿はほとんどありませんでした。

観光客の皆さんは、東照宮を目指して一直線に歩いています。

f:id:sabuyan1953:20171212211548j:plain

紅葉の写真を撮っているのは、私のように写真撮影が目的できているカメラマンだけのようですね。 

東照宮の参拝を終えた観光客も、表参道を真直ぐに輪王寺へ向かい、または帰途についているのでしょう。

昨年の紅葉のピーク時には、この場所のあちらこちらで、紅葉の写真を撮る人、記念撮影をする人や立ち止まって紅葉を観賞する観光客で大変に混雑していたのですが。

f:id:sabuyan1953:20171212222416j:plain

  今年の紅葉のピーク時もこの場所は、紅葉の写真を撮る人、記念撮影をする人、カメラマンで埋め尽くされていたものと思います。

 昨年のピーク時には、表参道を鮮やかに彩っていたモミジは、スッカリ落葉してしまい、参道脇にはカエデなどが申し訳なさそうに赤や黄色の色彩を保っていました。

f:id:sabuyan1953:20171212223409j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000308j:plain

f:id:sabuyan1953:20171212223330j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000026j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000101j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000136j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213001917j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002018j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002044j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213000216j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002154j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002225j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002244j:plain


神橋の紅葉もほぼ終焉を迎えています。が、しかしここ神橋の周辺は通年をとおして、観光客と車で大変に混雑しています。

f:id:sabuyan1953:20171212211117j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002356j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002436j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002459j:plain

f:id:sabuyan1953:20171213002521j:plain
神橋の渡橋受付所
渡橋料金は大人300円です。
f:id:sabuyan1953:20171212210851j:plain

日光東照宮の駐車場の紅葉が綺麗でした。

f:id:sabuyan1953:20171213002604j:plain

日光東照宮の駐車場へ向かう狭い道路は、長い車列と東照宮へ向かう歩行者で混雑、すれ違うのに”ヒヤヒヤ″の状態です。
この後、私は混雑が予想される神橋・市内方面(国道)へは向かわず、この先の神橋手前の交差点で左折し、霧降高原方面へ向かい、空いている大谷川沿いの道(県道)へ入り自宅へと向かいました。

f:id:sabuyan1953:20171213002706j:plain

この記事を書いている今日(13日)、紅葉前線は通り過ぎ、ここ日光の地はすでに冬へと移行、日光湯元温泉では12日夕の時点で約10㎝だそうです。

今シーズン最強の寒波が押し寄せていることで、日光の山々は更に雪深くなり、本格的な冬に突入していくのでしょうね。

昨日、日光二荒山神社では年末恒例の「神橋のすす払い」が執り行われ、今年1年が締めくくられました。

 紅葉の投稿記事がタイミングを外し、後手後手となってしまいました。

来年は、もっとタイムリーに紅葉情報をアップしていけるよう努力をしていきたいと思います。

これで今年の紅葉の記事は終了します。